アフィリエイトで稼ぐコツ・方法

アフィリエイトなどのネットビジネスで稼げない人の特徴。

 

【ネットの世界にはびこるクソみたいな詐欺オファー】

ットビジネスが登場してこれまで、
「スキルが無くても楽して月収100万円稼げます!」
「1日5分の作業で月収50万円稼げます!」
「80歳のおじいちゃんでもこの神ツールで稼げました!」
「1日3分の作業で稼げる自動式現金製造機をあなたに!」

といった何の学びも得られないクソみたいな「商材」が
ネットの世界に溢れ返っています。

一方できちんとビジネスの知識・ノウハウなどの
一定の学習効果を得られる「教材」は本当に一握りの存在になってしまいました。

最近は(最近も?)情弱釣りのオファーがひどく、
「バカでも楽して簡単に月収100万円!!」みたいなオファーが登場しては
ネットビジネスは楽して稼げると勘違いしている情弱の人たちから
お金をスイスイと吸い上げていきます。

最近私が見かけたものは「落書きで月収150万円稼ぐ」というオファーでした(笑)

もう完全に終わっていますよね(´・ω・`)

売る方も売る方ですが、買う方も買う方ですよ。これ。

こういった情弱向けコンテンツにいつまでも踊らされる人たちは
永久にまともな金額をネットから稼ぎだすことはできません。

(まともな金額:月収30万円以上を自動で)

それどころかお金ばかりが減っていき最後は借金だけが残るでしょう。

つまりネットビジネス実践者の多くが夢見る「自由」なんて代物は
永遠に手に入らないということです。情弱でいる限りは。

【誰でもできることはそもそも価値が低い】

供できる価値が低いものであるなら、当然そこから得られる対価も低くなります。

そしてその「簡単に稼げる」らしいビジネスは、そのどれもが悲惨な結末を辿るのです。

仮に1万歩譲って本当に誰でも楽してカンタンに稼げるのだとしましょう。

でもカンタンにできるからこそライバルが増え、競争が激化し、
そして市場が飽和します。

これまでも幾度となく繰り返されてきたことです。

その時だけ通用する稼ぎ方で大金を稼げていた人は、漏れなく消息不明になっていきました。

【ネットビジネスで成功する方法はシンプル】

れまでの話から考えれば、ネットビジネスで成功する方法が見えてきます。

誰でもできるお手軽な方法を血眼になって探すのではなく、
「自分の頭を使って何とかしよう」
「きちんと勉強してビジネスの知識とノウハウを身に付けよう」
「コツコツ続けて結果を出そう」

といった感じで取り組めばいいということです。

逆にこれができないと、厳しいようですが消えるしかありません。

曲がりなりにも自分でビジネスをするということは「続ける」ということだからです。

もちろんネットビジネスならある程度自動化できるので、
あなた自身が作業する場面はだんだん減っていきます。

【詐欺オファーの特徴】

欺オファーを見分ける方法は簡単です。

これまであった王道的な手法を全て「時代遅れ」のものとして全否定し、
紹介している手法が一番稼げる最新の手法であるかのように謳うものは
漏れなく詐欺オファーだと思ってください。

例えばこんな感じです↓

アフィリエイト、メルマガ、せどり・・・

これまでのほとんどのネットビジネスはギャンブルと大差ないほど不安定で
稼いでいる人の多くがビクビクしながら実践している・・・

という現実をご存知ですか?

もう詐欺オファーの典型ですね(笑)

【ネットビジネスって何だ?】

フィリエイトだろうがコンテンツ販売だろうが何も特別なことはなく
れっきとしたビジネスです。

何か楽して稼げるテンプレートがあってその通りにやれば絶対に稼げる・・・
なんてものではありません。

どうしても「ネットビジネス=楽して稼げる裏ワザ」みたいな認識が根強いのですが
それ、マジで勘違いですからね(笑)

「自分でビジネスをする」という世界で生き抜くなら、
ビジネスの原則を学び以外に方法が無いんですよ。

一瞬だけ稼げる裏ワザを探す

すぐに飽和して稼げなくなる

また裏ワザを探す

また稼げなくなる学ぶことが大嫌いな情弱はず~っとこれを繰り返します。

そうして大事なお金をドブに捨てているのです。

ネット業界の悪しき闇の中では、
「楽して稼ぎたい馬鹿」&「それを餌にするゴミクズ」
という図式が永久機関のように成立しています。

一刻も早くこの闇に巻き込まれないよう耐性を付け、
一過性のものではなく「ビジネスの本質」から学ぼうと決意できる人が
最終的に安定かつ継続して稼げるようになるのです。

【ネット業界の哀しきリアル】

の業界の哀しい現実として
「楽して稼ぎましょう!」
「今までの手法では稼げません!これからは○○です!!」
みたいなオファーがこれからもどんどん出てきます。

インフルエンザみたいなものですかね(笑)

なぜなら世間にはあなたのように
知識とノウハウを身に付けて稼いでいこうとする人よりも
「何の苦労もせずに楽して稼ぎたい!!」と目論むバカの方が圧倒的に多いからです。

ということは、「そっち側」を相手にした方が販売者としても簡単に稼げるわけですよね。

でも当然こんなものは売り手としても買い手としても長続きはしません。

【ネットビジネスで楽して稼ぐ方法】

なたがネットビジネスで楽して稼ぎたいのなら、学びと実践だけは最低限でも行い、
何が本物で何が偽物なのかを見極められるようにしましょう。

でないとお客さんに粗悪なものを売ってしまいかねません。

いずれにしても
・スキル不要
・勉強不要
・誰でも簡単に
・1日たった5分の作業で
みたいな言葉に反応しないように心掛けると良いですね(^_^)

私自身、ネットビジネスの世界を知ったばかりの頃は
こうした文句に心惹かれたものですが、冷静に考えて
勉強もせず実践もせずに稼げるなんてあり得ませんよね(笑)

【楽じゃないのよネットビジネスは】

して稼げる系の文言に惹かれてしまうのも分かります。

人間というものは「楽して簡単に」が大好きだからです。

例えば、「たった2週間で5キロやせる!○○するだけダイエット」
みたいな商品て毎年バカ売れするじゃないですか。

でもビジネスとダイエットは違います。ぜーんぜん違います。

例えばアフィリエイト。

初心者から始めて初月で月収100万円というのは厳しいです。

情報発信による収入はいきなり増えます。

いきなりというのがポイントです。

とんとん拍子に1か月目で10万円→2か月目で30万円→3か月目で50万円
と増えていくのではなく、10万円~30万円あたりを何ヶ月かウロウロして
いきなり月収100万円みたいな。

ここで学んで欲しいのは、
作業量と収入がいつも比例するわけではないということです。

そもそも方法が間違っていれば、何ヶ月取り組もうが収入はずっと0ですが(笑)

逆に正しい方法でコツコツと実践し続ければ、
いくつかのブレイクを経験して収入が一気に上がるという経験をするのです。

【ブレイクを待てるか。それが勝負だ】

述のように、情報発信の収入はある日突然ボンッと跳ねます。

でも多くの人(もちろんちゃんと実践している人)は不安が勝ってしまい、
そこまで待てずに諦めてしまうのです。

せっかく自由を目指して頑張っているのに、
ちょっと成果が出ないくらいで簡単に投げ出さないでほしいです。

そんなに簡単に諦めないでください。

成果が出なくてもグッと耐えてください。

稼げないまま終わる人は諦めるスピードが本当に早いです。

正しい方法で取り組めば必ず結果がついてきます。

うまく行かないことの方が多かった私ですらそうなれたのです。

 

 

投稿者プロフィール

平野
平野移動式引きこもり
■これまでの道のり
・学生時代に意識高い系の本を読み過ぎた副作用で独立した生き方に興味を持つ
・同時期に運悪くネットビジネスの存在を知る
・参入数か月程度で月収100万円以上を稼ぐ人が多いことに強く興味を惹かれる
・それから間もなくネットビジネスを開始
・実践当初は皆が実践している手法に取り組むも、全く稼げずに終わる
・参入3か月目にして月収0円、その後も暫く月収0円という
「ある意味」驚異的な実績を達成する
・あまりの稼げなさに「もう辞めよう・・・」と諦めかける
・そんな中、偶然今の手法に出会い・・・ 
・ビジネスをすべて自動化。今は勝手に売れてお金が入るように
・現在:ストレス無き人生を送りつつ自由を目指す人のサポートに力を入れる
■活動理念
このサイトは、例えばあなたが
・自由な人生を実現したい
・ネットビジネスに興味がある
・実践しているもののなかなか結果が出ない
という場合に、あなたがネットビジネスで覚醒し、
自由な人生を手にするための最適な「答え」を提供します。
そして他のどの情報発信者よりも、一番近くであなたをサポートします
【参考情報】
基本性格
詳しいプロフィールはこちら

関連記事

  1. アフィリエイトで稼ぐコツは稼ぎたいと思い続けること。でないと一生…
  2. アフィリエイトで稼いで自由になろう。とりあえず。
  3. アフィリエイト初心者がまず準備すべきこと。
  4. アフィリエイトで稼ぐことこそ、弱者が強者になる最短ルート。
  5. ネットビジネスで稼げない?目移りしてるからでしょ。
  6. アフィリエイトで稼げないなら、残念だけど自分で稼ぐことは諦めよう…
  7. 「アフィリエイトはねずみ講」説⇒もはや意味不明・・・
  8. アフィリエイトで稼げない理由は手法の選択ミス。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP