アフィリエイト 商品

アフィリエイト商材(情報商材)の選び方と価格論 -The price war –

 

【アフィリエイト商材(情報商材)の選び方】

フィリエイト商材の選び方と題しましたが、より中心的なテーマは何らかのノウハウを解説する商材です。

要するに情報商材です(私は情報教材の方が言い方としては好きですが笑)。

情報商材は原価が掛からないのでアフィリエイト報酬も概して高く2~3本売るだけで5万円以上稼げるなんてこともザラです。

この分野で経験を積めば、今度は自分で情報商材を作ることもできます。

そうなれば売った分だけ自分の利益になるので笑いが止まりません(笑)

やっぱり原価が掛からないってのが良いですよね~(^_^)

また、自分が勉強すればするほど教えられる知識が増えていくので知識がそのままお金に換わるという好循環を生み出せればもう最強です。

あなたも情報商材で稼ぐことを狙うなら、この辺を目指してみてもいいかもしれません。

さて、そんな情報商材ですがひとつだけネックな点があります。

それが価格です。

どうしてもマニアックな部分を解説するものが多いため値段も高くなりがちなのです。

メジャーな価格帯としては1~4万円強程度といったところでしょうか。

高額なスクールやコンサルとなれば普通に数十万円単位ですが、いきなりこれを売るにも実力が足りず挫折すると思うので今回は置いておきましょう。

この普通に考えれば高い価格とどのように向き合うかが、情報商材アフィリエイトを攻略する鍵なんですよね。

【結論:大切なことは値段の high and lowじゃない】

情報商材アフィリエイトを成功させるというテーマにおいて、価格って実はそんなに重要・・・ではありません

見込み客に本当に必要なものであれば100万円であろうと買いますし、必要なければたとえ無料でも手にしようとは思われないのです。

極論に聞こえるかもしれませんがこれは本当の話です。

重要なのは情報商材の価格ではなく、それが見込み客を理想の未来に連れていくことができるのか否か。

まずはこの大前提をその情報商材がクリアしているのかをあなた自身で判断する必要があります。

ちなみに、この話はあなた自身が独自コンテンツの販売をする際にも通用します。

自分の商品の価格を決める時に、多くの人は頭を悩ませます。

相場に合わせた価格にすべきか。あえて強気の価格設定でいくか。

それとも業界相場をはるかに下回る価格で大量に売りさばくか・・・

(その他、場合で分割払いは何回まで認めるか。銀行振り込み対応はどうするか)

とまぁ、大事な売り上げに関わる話ですから価格設定に悩むのも当然といえば当然です。

価格設定に失敗すれば、それまでの努力が水の泡になってしまうからです。

だからこそ検討に検討を重ね、適正価格をはじき出そうとします。

ところで、売り手は本当に、価格の付け方を理解しているのでしょうか?

【行きつく先は0円】

も子もないことをいうなら、価格なんて要りません。

お客様にしてみれば、自分に必要なコンテンツが0円で手に入るなら、これ以上のことはないのですから。

しかしこれでは世の経済が崩壊し、文明が成り立たなくなってしまいます(笑)

だからこそ、貨幣を流通させるために価格が要るのです。

でも、価格重視の行きつく先は、値下げや低価格です。

どうしたって業界相場があり競合他社が設定する価格があるのですから、それらを無視することはできないでしょう。

しかしこの価格の戦いに身を投じるなら、その先に待つものが終わりなきデス・ゲームだということを先に言っておきます。

【お客が支払う価格ではなくお客に与える価値で勝負しよう】

格戦争が実際の戦争並みに不毛であると分かった以上、私たちは情報商材アフィリエイトや情報販売で稼ぎ続けるために別の領域で勝負しなければなりません。

それが、価値の領域です。

ビジネスで真の勝利を掴むための道は、これ以外にないと思ってください。

価値を踏まえたうえで、価格を決定しましょう。

そして然るべき価格を設定したなら、きちんとお客様に価値を伝えるのです。

もう一度いいます。お客さんには価値を伝えてください

業界最安値とか、そんなものどうでもいいのです。

あなたが誠心誠意を以てあなたのサービスや商品を創り価値を生み出し価格を設定したなら、その後の高いか安いかはお客さんの側で決めることです。

あなたの仕事ではありません。

そしてその価格は「業界相場に照らしてどうか?」なんて話は関係ありませんのでご安心ください。

あなたが適正価格であると判断して付けた価格を「高い」といって離れていくお客は、最初からあなたのお客にはなりえなかったということです。

【稼ぐ系情報商材を選ぶ(作る)際のポイント】

報商材アフィリエイトの中でも稼ぐ系は長らく人気のジャンルです。

アフィリエイト報酬も高いので売り甲斐があります。

そんな稼ぐ系情報商材ですが、やっぱり売り方が難しいんですよね(^^;)

ただでさえ「稼ぐ」という日本人が苦手な世界ですし、下手をするとすぐに詐欺師みたいな扱いを受けてしまいます。

まぁ情報商材アフィリエイトで失敗する原因は明白で、結局いくら稼げるのかという部分にだけフォーカスしてその教材から得られる知識なりスキルなり(学習効果)を伝えないから

後で痛い目を見るのです。

そもそも、その教材を買えば絶対に○○円稼げるなんて話はありません。

あるとすればそれこそ詐欺です。

教材やスクールが与えてくれるのはあくまで武器と戦い方とであり、わざわざボスキャラまで倒してくれるわけではないのです。

その武器を手に取ってボスを倒しに行くのは購入者自身なのですから。

この辺りのことを販売者・アフィリエイター側できちんと把握する必要がありますし、普段の情報発信でも定期的にこの旨の教育(実際に戦うのはお客自身)をしていった方が長期的な関係を実現できます。

その教材を買えば購入者は必ず稼ぐための知識とスキルを得られる、

そいった商品をオファーしていきましょう。

それでは!

関連記事

  1. アフィリエイトで稼げない期間の過ごし方。
  2. アフィリエイトで稼ぐコツ:継続できないなら辞めちまえ!
  3. アフィリエイトで稼げない理由。
  4. アフィリエイトで稼ぐためのレバレッジを勘違いすると大怪我する。
  5. 情報の価値はゼロになった(だからお金は払う必要が無い!)と言う人…
  6. アフィリエイト記事の書き方(記事ネタ論)。
  7. アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:アフィリエイトで行う情報発信は極…
  8. 副業ランキング!ネット副業、ホントに儲かるのは何? 無在庫販売で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP