社会・経済

「手取り収入の継続した減少」が日本の苦しさの要因

老後に2000万、3000万必要といわれている中で、後ろを振り返ると給料が下がり続けていた事実。年収によってはこの15年間で50万円も下がっている。

一億総中流なんていつの時代の話だ。総貧困がもう目の前に来てるんじゃない?

細かな統計データやその根拠も大事だけど、要は会社員の手取りが減っているということ。

そしてこれからも減り続けるということ(年金や保険料などの負担増で)。

だからこれは仕方がない。社会のシステム上そうなっているから。

それが嫌なら国会議員にでもなって上級国民になるしかないね。

そんなことできない人たちはなんとか副業でもして稼ごうとするんだけど・・・

これだもんなぁ・・・

結局「お金を得る=労働時間との交換で得る」という認識しかないと本業以外でコンビニバイトや清掃のバイトをして稼ぐ、みたいな選択肢しか見えないんだろうね。

ちょっと知恵の回る人はネットで副業を探すんだけど、見つかるのはたいていブログやYouTube、SNSを使ったものばかり。つまり時間とお金を交換する作業ベースのものしかないってこと。

これだと普通に働くよりもさらに過酷な未来が待っていることもしばしば。

お金のために時間を使う。確かに有効な選択肢だ。

ただし人間の時間には寿命も含めて限度がある以上、配分を間違えると体を壊すし場合によっては寿命のカウントダウンが早まるだろう。

労働時間を増やす、つまり生産を増やして稼ぐことには必ず上限があることは覚えておいた方がいい。

まして全体的に賃金(雇われて得るお金)が減っているのだから、その中で頑張ったところでどの道焼け石に水程度の収入しか得られない。

労働時間を今の2分の1にして今の2倍、2倍以上の収入を得ることを始めないと、50手前で死ぬ人間が増えるかもね。

クラウドソーシングで生活する「若者の実情」シェアハウスに住み、食事は肉じゃがの一択

投稿者プロフィール

平野
平野移動式引きこもり
■これまでの道のり
・学生時代に意識高い系の本を読み過ぎた副作用で独立した生き方に興味を持つ
・同時期に運悪くネットビジネスの存在を知る
・参入数か月程度で月収100万円以上を稼ぐ人が多いことに強く興味を惹かれる
・それから間もなくネットビジネスを開始
・実践当初は皆が実践している手法に取り組むも、全く稼げずに終わる
・参入3か月目にして月収0円、その後も暫く月収0円という
「ある意味」驚異的な実績を達成する
・あまりの稼げなさに「もう辞めよう・・・」と諦めかける
・そんな中、偶然今の手法に出会い・・・ 
・ビジネスをすべて自動化。今は勝手に売れてお金が入るように
・現在:ストレス無き人生を送りつつ自由を目指す人のサポートに力を入れる
■活動理念
このサイトは、例えばあなたが
・自由な人生を実現したい
・ネットビジネスに興味がある
・実践しているもののなかなか結果が出ない
という場合に、あなたがネットビジネスで覚醒し、
自由な人生を手にするための最適な「答え」を提供します。
そして他のどの情報発信者よりも、一番近くであなたをサポートします
【参考情報】
基本性格
詳しいプロフィールはこちら

関連記事

  1. 「日本的正社員」という働き方は時代遅れだ 20代の若者も50代の…
  2. 「必ず稼げる」ネットで販売。「情報商材」被害が急増
  3. 定年後に退職金の運用を株に使うのはバカ? 60歳から金を増やす正…
  4. 【成長論・目的達成論】言うまでもなくコレがリアルという話。
  5. シェアハウスから足を洗えない!貧困にあえぐ若者の劣悪住宅事情←お…
  6. 「同一じゃない労働・同一賃金」の不思議な国・ニッポン(プレジデン…
  7. 低俗な情報発信。他人の恨みを買う情報発信に未来はない。
  8. おすすめできない副業「アフィリエイト」(財経新聞)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP