社会・経済

年金、老後2000万、40代からの働き方、そんな話ばっか。

ここにきて本当に増えてきた話題。

それが、
・年金もらえない問題
・老後資金2000〜3000万円必要問題
・40代からの働き方どうする問題
である。

選挙で世界が変わると思っている方がどうかしている。

自身のアピール手段が未だに「爆音による自分の名前連呼」しか能が無い奴らが、なにか革新的な変化をもたらせると思う?

あれ本当にうるさいからやめてほしい。まじで殺意がわく。殺意しかわかない。

 

そもそも自分の稼ぎ口(収入源)を他の誰かにどうにかしてもらおうという根性が問題。

この20年で正社員の平均年収が50万円も下がっている現実を考えよう。給料は上がるんじゃなくて下がるんだよこれからも。

もし日本人がまともにお金(金融)の教育を受けていたなら老後の2000万だって現実的に個人で稼げただろうに。いやほんとに。

ま、国家の教育方針が優秀なサラリーマンを育てることにある以上、中途半端に個人で稼げるようになられては困るからお金の教育なんて絶対にしないんだけどねー

 

今日八重洲ブックセンターに行ったらまさにドンピシャなタイトルの本が。

それだけみんな、40代以降どうやって稼ぐかということに興味があるらしい。とはいえ知識が無いと結局肉体労働のバイトを選ぶことになる。

 


それでも老後(60代以降)に当たり前のように稼ぎ口が確保されているわけではない。

大して使いみちの無い人間をわざわざ経費をかけて組織においておくメリットが無いからだ。

 

さっきも言ったけど、ほんとうになんの知識も無いと、結局清掃やらコンビニやら安月給バイトしか選択肢が無い。

これからは、20〜40代は来る老後に向けてこれまでの常識とは違ったサバイバルの準備を、すでに50〜60代はなんとか今までのやり方で食いつなぐ準備をした方がいいね。

ネットビジネスを始めるのにおそすぎる年齢は無いが、現実問題若ければ若い方がいい。

というより、逃げ切れない若い世代こそ自分の力だけで(最終的には自分の時間を使わずに自動で)稼げる道を早々に確立したほうがいいと思われる。

投稿者プロフィール

平野
平野移動式引きこもり
■これまでの道のり
・学生時代に意識高い系の本を読み過ぎた副作用で独立した生き方に興味を持つ
・同時期に運悪くネットビジネスの存在を知る
・参入数か月程度で月収100万円以上を稼ぐ人が多いことに強く興味を惹かれる
・それから間もなくネットビジネスを開始
・実践当初は皆が実践している手法に取り組むも、全く稼げずに終わる
・参入3か月目にして月収0円、その後も暫く月収0円という
「ある意味」驚異的な実績を達成する
・あまりの稼げなさに「もう辞めよう・・・」と諦めかける
・そんな中、偶然今の手法に出会い・・・ 
・ビジネスをすべて自動化。今は勝手に売れてお金が入るように
・現在:ストレス無き人生を送りつつ自由を目指す人のサポートに力を入れる
■活動理念
このサイトは、例えばあなたが
・自由な人生を実現したい
・ネットビジネスに興味がある
・実践しているもののなかなか結果が出ない
という場合に、あなたがネットビジネスで覚醒し、
自由な人生を手にするための最適な「答え」を提供します。
そして他のどの情報発信者よりも、一番近くであなたをサポートします
【参考情報】
基本性格
詳しいプロフィールはこちら

関連記事

  1. AIに仕事を奪われ、リストラされた銀行員「絶望しかない」
  2. 「必ず稼げる」ネットで販売。「情報商材」被害が急増
  3. 年金を心配している若者が多いみたいだけど、私はその「頭」が心配。…
  4. 「2000万円問題」の影響?ホワイトカラー正社員の8割以上が「少…
  5. アフィリエイトで自由に?個人の時代は最低最悪?
  6. 教職員削減の財務省案、文科省が反発「暴論だ」
  7. アベノミクスはあなたの給料を上げたのか?
  8. 貧乏・貧困から抜け出すには?

コメント

    • 大嶋孝之
    • 2019年 7月 18日

    老後が心配です、今の仕事は長く働けないから。不安です。

    • 大嶋さん、コメントいただきありがとうございます。

      そうですね。今の時代1つの場所に長く働き続けるというのは現実的ではありません。

      その企業がいつまでも存続しているとは限りませんし、
      実力主義型の経済システムに変わってきている日本では簡単に
      雇用整理(クビ)されるようになってきています。

      だからこそ、他人にも組織にも依存しない自分だけの力で稼ぐ力、
      これに真正面から向き合えるかが私は勝負だと思っています。

      そしてその力は、意外にもちょっとした準備と実践で手に入れることができます。

      あとはやるかやらないかの差ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP