思いこみは時間とお金を失うと痛感した話@シンガポール(Oxley RD)

シンガポール滞在13日目。

間も無く滞在から2週間を迎えるこの国で、
今更ながら思いこみや先入観って本当に損だなということがありました。

ホテル生活にも飽きたので地元を感じに地上へ

高層ホテルからの眺めにも飽きてきたので、地元を感じられればと思い
残りの2週間はAirbnbで過ごすことにしました。

ただ希望の宿がちょうど前のホテルのチェックアウト日には空いていなかったので、
繋ぎとして一件別のエアビーを借りることに。

それがこちら。

ラッキープラザという割と有名なランドマーク内にあるこちらのエアビー。

滞在者のレビューもよくいい感じかと思いきや、私的はいろいろと
残念な仕様になっていました。

まず狭い。まぁ一晩の宿なので狭いのはいいとしても、絶望的に壁が薄い。

 

隣の人のいびきが聞こえた。
レビューで絶賛されていたわりには「そうでもねーな」 というのが正直な感想。

あと、鍵がなぜか内側からしか掛けられないので、
出るときはパスポートもろもろ無くしてはいけないものをフル装備で出なければならない。

ただ、PCはおいてきた笑(重いので)

こんな感じでとんでも仕様なエアビーで一晩しのぎ、
翌日はチェックアウトの3時間くらい前に出ました。

そして2件目へ

いよいよシンガポール最終日まで泊まることになる運命のエアビーへ。

2件目は Orchard から一本横に入る Oxley という通り。

結論1件目に比べれば天国なんだけど、行きつくまでが大変だった。

ホストがくれた情報(写真)と地図をもとにラッキープラザから歩いていったものの・・・

なぜか写真の場所が見当たらない。

「Oxley の端っこまで来たのに、なぜかない!?」

「どういうことだ・・・」

「確かにこの通りのはず」

「いったん wifi がありそうなモールにでも入ろう」

ということで、ドンキが入るモールまで戻り、 wifi スポット探しへ。

ところがモールに入っても wifi が見つからず、5分ほどさまようことに。

そしてこの場所でヒット。

 

今一度住所を確認してマップへ。

するとなぜかオーストラリアの住所が???

(Oxleyという地名がオーストラリアにもあるみたい)

これじゃラチがあかないので、しかたなくタクシーを捕まえて住所を告げ、
3分ほど走ってもらうと・・・

なんとさっきまでいた「通りの端っこ」のあと1歩先に目的地が。

「Oh, This  is it!」

すぐに停めてもらい、エレベーターのないアパートを
自力で上がりホストと初対面(優しそうな女性で安心)。

 

1件目に比べたら天国のような部屋でよかった。

それにしても、本当に「◯◯なはずがない」「◯◯にちがいない」という
思いこみって時間もお金も失うことになるなと改めて感じたできごとだった。

知っていればなんのことはないんだろうけど、未知の世界だと
どうしてもこの先入観や思いこみの方が勝ってしまうらしい。

あと、1件目の激狭エアビーの件で他人のレビューって100%信用できないなと実感。

自分の目で見て1次情報を得ないと本当のところってやっぱりわからないんだよね。

というお話。

セントーサ島で人生初マーライオンに遭遇

投稿者プロフィール

平野
平野移動式引きこもり
■これまでの道のり
・学生時代に意識高い系の本を読み過ぎた副作用で独立した生き方に興味を持つ
・同時期に運悪くネットビジネスの存在を知る
・参入数か月程度で月収100万円以上を稼ぐ人が多いことに強く興味を惹かれる
・それから間もなくネットビジネスを開始
・実践当初は皆が実践している手法に取り組むも、全く稼げずに終わる
・参入3か月目にして月収0円、その後も暫く月収0円という
「ある意味」驚異的な実績を達成する
・あまりの稼げなさに「もう辞めよう・・・」と諦めかける
・そんな中、偶然今の手法に出会い・・・ 
・ビジネスをすべて自動化。今は勝手に売れてお金が入るように
・現在:ストレス無き人生を送りつつ自由を目指す人のサポートに力を入れる
■活動理念
このサイトは、例えばあなたが
・自由な人生を実現したい
・ネットビジネスに興味がある
・実践しているもののなかなか結果が出ない
という場合に、あなたがネットビジネスで覚醒し、
自由な人生を手にするための最適な「答え」を提供します。
そして他のどの情報発信者よりも、一番近くであなたをサポートします
【参考情報】
基本性格
詳しいプロフィールはこちら

関連記事

  1. 「沖縄の貧困」は学歴社会と暴力が生み出した 平均年収は全国最下位…
  2. 早期退職しない限り面接が続き…「45歳以上クビ切り」横行中
  3. 子どもの数、過去最少更新 38年連続減少を記録
  4. 副業がサラリーマンに必要な理由?決まってんじゃん。そんなもん。
  5. 年収1200万円の部長が、年収260万円の電話番に…定年後の「再…
  6. 借金をしてはいけない?絶対にダメ?
  7. 貧乏・貧困から抜け出すには?
  8. 「60歳以降も仕事するつもり」7割近く NHK世論調査

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP