アフィリエイトで稼ぐコツ・方法

アフィリエイトで稼ぐコツ:情報発信の注意点とは?

FB-like-dislike

【アフィリエイトの本質は情報発信】

 

フィリエイトで稼ぐ稼ぐということは、情報発信で稼ぐということです。

 

 

情報発信で稼ぐということは、ひとつの意見をお客さんに示すということです。

 

 

ひとつの意見を示すということは、

 

当然その対立意見の存在をも認識する必要があります。

 

 

そして、あなたの手でその対立意見を粉砕することも必要なのです。

 

 

これがをきるかが、

 

アフィリエイトで稼ぐが稼がないかを分ける大きなポイントです。

 

 

情報発信とは旗を振る行為です。

 

 

真ん中で旗を止めることは許されず、右か左かに振らなければならないのです。

 

 

例えばネットビジネスの情報発信で、

 

「アフィリエイトも良いですが、

 

 転売も良いですね!あとコンテンツ販売もおススメです!」

 

と説明されるのと、

 

「アフィリエイトで稼ぐならメルマガです。メルマガは自動化もできて

 

 仕組みが完成すれば作業から解放された自由な時間が手に入ります。

 

 この仕組みによる自動化はサイトアフィリエイトや転売では不可能な、

 

 メルマガにしかできないことです」

 

と説明されるのではどちらがより見込み客に刺さるでしょうか?

 

 

私のブログ記事を読むほど勉強熱心なあなたならもうお分かりですね?

 

 

断然、ひとつの方法について事細かに説明している後者の方です。

 

 

このような発信の仕方であれば、見込み客は常に一点を見ていればいいので

 

あなたが理想とするゴールにも導きやすくなります。

 

 

そしてこれは、情報を発信する側の負担も減るのでお互いにメリットがあります。

 

 

あなたが「良い」と思った主張で離れていくなら、

 

そもそもあなたのお客さんではなかったということですから

 

それが無料の情報発信の段階で分かっただけでも儲けものなのですよ。

 

 

お客さんにお金を払った後に

 

ミスマッチが発覚するより何億倍もマシということです。

 

 

逆にここでいろんな意見や方向性をお客さんに見せてしまうと、

 

お客さんも何を基準に判断したらいいのかが分からず

 

あなたの情報発信についてきてくれなくなってしまうのです。

 

 

ブログ記事やメルマガの世界では

 

「1記事1メッセージ」や「1メール1メッセージ」という原則がありますが、

 

私から言わせれば1人の(1つの)情報発信に1つのメッセージ(理念)

 

といったところですね。

 

 

【対立意見のない主張は主張ではない】

 

と意見が違ったらどうしよう・・・」

 

このような思考は、普段の生活でもあり得ることです。

 

 

空気を読みたい日本人ならなおさらですね。

 

 

また、もしあなたがブログ等を使って情報発信をしているなら、

 

次のようなことを1度や2度は考えたことがあるのではないでしょうか?

 

 

「アンチコメントが来たらどうしよう・・・」

 

「反対意見を言われたらどうしよう・・・」

 

「自分の情報発信を否定されたらどうしよう・・・」

 

などというように。

 

 

先に言っておきます。気にしないでください。

 

 

先述の通り、意見や主張というものには必ず対立意見が付いて回ります。

 

 

むしろ、それで初めて成り立つものと思ってください。

 

 

だからこそ、あなたが自分の主張を発信するときも

 

目に見えない反対者に怯える必要はありません

 

 

そんな暇があるなら、人に伝わる文章の書き方でも学んだ方がまだマシです。

 

 

 

【刑事裁判でも意見は分かれる】

 

事裁判というと、「100%犯人が悪い!」と考えるのが普通です。

 

 

しかし、こんな場面でも主張は分かれたりするものです。

 

 

例えば、故意(犯罪の意識)はあったか否かで。

 

 

これってつまり、

 

「事実はひとつでも解釈は複数存在し得る」ということなんですよね。

 

 

なので、

 

※主張や意見に絶対の正解なんて無い

 

(※犯罪を肯定しているわけではありません!)

 

(刑事裁判でさえ意見対立があるという話です。)

 

 

こう考えた方が、いろいろと柔軟に処理できるようになります。

 

 

他者の意見にも寛容になれます。

 

 

真実は、いつも2つ(もしくはそれ以上)です。

 

 

 

【決め手は説得力】

 

うはいっても、自分の主張は自信をもってしなければなりません。

 

 

私はこう思います。

 

でも反対意見もあるでしょう。

 

それはそれで尊重します。

 

みんな違ってみんな良い!

 

これでは読み手は混乱を避けられず、読む気が失せます。

 

 

「結局何が言いたいのか」と。

 

 

この項の冒頭でも言いましたが、自信をもって主張しましょう。

 

 

怖がらないでください。

 

 

それでも恐怖が付きまとうなら、やはり説得力を磨かなければなりません。

 

 

この力を養うことであなたの言葉に力を持たせることができます。

 

 

主張とは、ある種の説得に近いものです。

 

 

そういった意味でも、説得力を学ぶのは理に適っています。

 

 

 

【説得とは貫く力】

 

得とは、自分の意見で相手を貫く力です。

 

 

こんなこというと少々物騒ですが、

 

これが説得というスキルの結構リアルな姿だといえます。

 

 

あなたの主張をするときは、

 

他の意見を排除しあなたの意見に集中させる必要があるからです。

 

 

「それで相手を怒らせてしまったら?」

 

もしかするとこう思ったかもしれません。

 

 

もし相手を怒らせてしまったら、それは説得に成功した証拠です。

 

 

つまり何らかの反応をとれた時点で、たとえそれが反対意見であっても

 

あなたの主張が相手に響いたということです。

 

 

説得や情報発信にまつわる教えの中には、

 

1日1回、誰かを怒らせなければ何かを発信したことにはならない。

 

という言葉があるくらいです。

 

 

あえて読み手が不快になることを言って怒らせる必要はありませんが、

 

あなたが一所懸命主張した結果がそうであるなら気にしなくて良いのです。

 

 

小躍りするくらいで丁度いいでしょう。

 

 

それでは!

 

 

【追伸】

 

主張には貫通力も必要。

 

 

【取り扱い注意】

 

カルト教団発、禁忌の説得術はこちら→

関連記事

  1. アメブロプロフィールページ復活と考察。
  2. アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:ネットビジネスなら必ずアフィリエ…
  3. アフィリエイトで稼ぐコツは情報を買うクセを付けること。
  4. アフィリエイト集客を無料でしたい時のポイントとは?
  5. アフィリエイト初心者が知るべき稼ぐためのブログ戦略とは?
  6. 情報ビジネスの「資産化」を考え始めた時に知っておきたいこと。
  7. アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:アフィリエイトで行う情報発信は極…
  8. アフィリエイトで稼ぐ方法まとめ:死ぬまで稼ぎ続ける方法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP