アフィリエイトで稼ぐコツ・方法

アフィリエイト記事の書き方(記事ネタ論)。

アフィリエイトで稼ぐために避けて通れないことがアフィリエイトのための記事を書くことです。

これはアフィリエイト手法がブログだろうが、SNSだろうが、メルマガだろうが関係ありません。

たとえYouTubeを使ってアフィリエイトをするのだとしても、その動画のシナリオはやはり「言葉」で作られるので、どっちにしろ言葉を書く力が要求されます。

なので今回はどのようにすればアフィリエイトの記事が書けるようになるのか、というテーマを深堀りしていきます。

【アフィリエイト記事の書き方】

フィリエイトをするからには、やはり記事(文章)を書いていくことになります。

これをやらずにアフィリエイトを成功させるのは不可能なことです。

だからこそ早い段階で記事作成に向き合い、そして慣れていきましょう。

ビジネスを続ける限り自分の言葉を伝える場面にたくさん出くわします。

つまり、ビジネスを辞めるその時まで言葉を伝えることから逃げられないということです。

(まぁ仕組み化すれば自動で売れますがその話は今回置いておきましょう)

なら早い段階で慣れてしまう方が気が楽だと思います。

というわけで、アフィリエイト記事(というより情報発信そのもの)の書き方をマスターしましょう。

【ブログアフィリエイト、メルマガアフィリエイトで書く文章とは?】

んなものセールスの文章に決まっているだろ!」と考える人は、書く記事書く記事すべてが売り込みの文章になってしまいますが大丈夫でしょうか?

どの記事を読んでも売り込みの文章なら読者は嫌になってしまいます。

確かにビジネスですからお金儲けのためにやるわけです。

これは間違い在りません。

でもコンテンツすべてにその色を出すのはちょっと違うんですよ。

ビジネスはお客さんの悩み解決のためにあります。

悩み解決できないならビジネスではないのです。

だからこそ、書く記事は悩み解決を前提として書く必要があります。

【アフィリエイトで稼ぐために悩み解決記事を書こう】

とえばダイエットの商品をアフィリエイトしたいなら、ダイエットにまつわる悩み解決の記事をたくさん書いていけば良いのです。

受験勉強の教材を売りたいなら、受験勉強にまつわる記事をたくさん書いていけばいいのです。

ちなみに悩み「解決」ですから、できれば何らかのノウハウやためになる記事を書きましょう。

「無料でノウハウを教えてしまうの?」と不安になるかもしれませんが、ここで変に出し惜しみをするから稼げないのです。

変に境界線(ここまで無料・ここから有料)を引こうとするから稼げないのです。

私は無料で講座を開いていますが、そこで展開しているものはすべてお金を支払って学んできたものです(総額は忘れました)。

無料で価値のある情報を提供することで、読者の信用を得られるようになります。

これがめちゃめちゃ大切なんですよね。

いってしまえば体験授業のようなものです。

私は過去に塾講師をしていたのですが、体験授業は全力でした。

(ちなみに体験授業を成功させてもインセンティブは無かったです)

(それでもなぜか燃えたんですよね~。なんでだろ・・・)

体験(お試し)で信用を得られなければ次はありません

その時提供できる知識はすべて伝えきるテンションで臨み、その時提供できる渾身のネタを披露し、「分かりやすい!面白い!」という反応を得られるように頑張ったわけです。

ここで「どうせ体験だから」と手を抜けば、もう終わりですよね。

アフィリエイトや情報発信でも同じです。

無料コンテンツこそ力を入れて全力で提供していきましょう。

「無料でこんな価値のあるコンテンツを提供してくれるなら、この人の有料サービスはどんなものなのだろう?」

そうお客さんに少しでも感じてもらえればあなたの勝ちです。

【記事をどう書くかなんて誰もが悩む】

フィリエイトで書く記事ネタは基本的にノウハウ記事(悩み解決記事)でOKです。

結局人がブログやメルマガの継続を断念する理由は記事ネタが思いつかないことにありますが、軸を悩み解決に絞れば書くことってたくさんありますよね。

伝え方や表現の仕方を変えていけばほぼ無限といってもいいでしょう。

それでも、どうしても記事ネタが尽きる時もあるでしょう。

それにノウハウ提供だけなら、正直ライバルと完璧な差を付けられませんからね。

ここであなたに、ノウハウ記事しか書けないライバルと圧倒的な差を付けるための策をお伝えします。

【あなたの視点記事にする】

は記事を書くとき無からネタを作っているわけではなく必ず「観察」から着想を得て記事を書いています。

・身の回りの現象

・日常で体験・経験したこと

・世間の出来事

・世界の出来事

・ネットのトピックス

・宇宙

まさしく、森羅万象の観察結果を自分の言葉に変換して記事にするということです。

【ワンポイントアドバイス】

事ネタありきではなく、現象ありきで考えましょう。

普段から意識的に物事に対して自分で感じたことをメモに取る習慣をつけておきましょう。

もっというと、日常のいろんなことにツッコミを入れていきましょう。

なぜかといえば、その瞬間に

「あ、これはこういうことだな!」

「いや、それは違うだろー!!」

「なんでそうなる(笑)」

と感じることができても、それはすぐに頭から消え去るからです。

私はこの経験を何度もしました。

なので今は、たとえ記事に反映できなかったとしても思ったことや感じたことをメモや音声に残すようにしています。

【私たちは観察者】

かが記事を更新するのに、そこまでしなきゃいけないのか・・・」

もしかすると、あなたはこう感じられたかもしれません。

確かに、面倒ですよね(;^_^A

お手軽とはいえません。

しかしこれを読むあなたは少なくとも、ブログやメルマガを単なる日記ではなく、情報発信のプラットフォームとして使っているはずです。

これが例えば、今日のランチとか今日着たものとか最近買った家電を紹介するだけ(事実を述べるだけ)なら、今回話した「観察」は必要ないでしょう。

(日記ブログを ディスっているわけではありません)

情報発信は、ただ情報を横流しにするのでは足りないのです。

その役目はニュースサイトに任せておきましょう。

私が考える情報発信(総論)とは、世間に横たわる事象・情報について自分というフィルターを通して再編集するという行為です。

そこには自身の思想が絡みます。

つまり情報発信とは思想を伝達する場でもあるのです。

そのためには、日々世界に目を向け観察し自分の考えを持つ必要があります。

また、本などを通じて自分の言葉を磨いておく必要もあります。

自分の目と言葉を鍛えましょう。私たちは観察者なのです。

それでは!

【追伸】

世界にナゼと問いかけよう。

関連記事

  1. もし突然働けなくなったら・・・Twitterハッシュタグより
  2. アフィリエイトで稼げない理由。
  3. 副業ランキング!ネット副業、ホントに儲かるのは何? 無在庫販売で…
  4. #手取り15万で大騒ぎする美しい国、ニッポン。
  5. アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:「一点突破力」
  6. 「楽して稼ごう」と決めたら、本当にそうなった話。
  7. 「日本的正社員」という働き方は時代遅れだ 20代の若者も50代の…
  8. AIに奪われない仕事に共通する特徴 あなたの仕事、数十年後を見通…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP