アフィリエイトで稼ぐためのおススメ記事!

「肝に銘じてください。起業は失敗する人がほとんどです」っていうけどさぁ。

知の巨人で有名な佐藤優氏の「お悩み相談室」に下記のような相談があったそうな。

日本の産業は、自動車、サービス、IT分野どれをとっても、世界をあっと言わせるような強さを持っていません。アメリカのGAFAなどの影に隠れ、ある意味「氷河期」はなお続いています。大企業自体にも輝きがない上に、大企業に入っても、終身雇用制度が崩れている今、メリットも見出せません。やはり自ら起業してやっていく力をつけて、起業するしかないと思っています。絶対に成功したいです。佐藤さん、アドバイスお願いします。 (21歳、都内の男子大学生)

なるほど。かなり意識高めの学生ですね。

最近の日本企業の凋落ぶりを見て「これはもう起業しかねぇ!」とでも思ったのでしょう。

これに対する佐藤さんの回答は

■佐藤優氏
起業すること自体はとても良いことです。ただし、肝に銘じて欲しいのは、起業は、失敗する人がほとんどだということです。

アメリカで起業する人が多くいるような印象が強いのは、絶対的に職の数が少ないからです。起業家になるしかないのです。
(以下略)

的な感じでアメリカの例を挙げながら「起業?そんな簡単じゃね−から!ぶっ◯すぞ!」と優しく諭しています。

佐藤優さんの例えを借りると、起業で成功するには「1000人のうちの1人に入れ」とのことで

■佐藤優氏
分かりやすく捉えるために、もういちど学生時代に親しみのある偏差値をみてみたら良いかと思います。
大まかにいうと、偏差値73で100人に1人。偏差値80で1000人に3人。1000人に1人の成功といえば言わずもがなですね。それくらいのレベルの成功を狙うという決心をした上で挑戦して下さい。

上記の例をそのまま飲み込めば、つまり起業で成功するには偏差値80レベルは必要ということですよね。

卒業した大学がこの半分以下の私は死んだ方がいいのでしょうか?出家しよ。

また佐藤優さんはこのようにも語っています。

■佐藤優氏
大学卒業後、一定期間でも企業に就職し、組織の論理を体得することは重要です。組織は人の能力を引き上げる力がありますから。

つまり起業の勉強のためにも、まずは会社員として就職して経験を積めということですね。

毎日昼過ぎに起きる私からの回答

人の意見ばかり引用していてもつまらないので、参考までに私からの回答も載せておきましょう。

まず学生さんのこの質問、

日本の産業は、自動車、サービス、IT分野どれをとっても、世界をあっと言わせるような強さを持っていません。アメリカのGAFAなどの影に隠れ、ある意味「氷河期」はなお続いています。大企業自体にも輝きがない上に、大企業に入っても、終身雇用制度が崩れている今、メリットも見出せません。やはり自ら起業してやっていく力をつけて、起業するしかないと思っています。絶対に成功したいです。佐藤さん、アドバイスお願いします。 (21歳、都内の男子大学生)

「GAFA」「氷河期」「終身雇用制度が崩れている」という言葉が出てくるあたり、本やニュースでそれなりに知識を入れているのがわかります。

21歳といえばストレートに進んでいれば大学3年生、まぁ就活生ですわな。

「これまでの生き方じゃだめだ。起業しなきゃ!」という思考回路だと思うのですが、それにしても質問が漠然としすぎ笑

「起業するしかないと思っています。絶対に成功したいです。アドバイスお願いします」

「んー、で?」って感じなんですよね。

起業するしかないとして、あなたはどうやって稼ごうと思っているの?

どうやって儲けようとしているの?と私は聞きたくなってしまいます。

ここで「何か社会貢献できるような・・・」みたいな回答なら射殺します。

ビジネスの意味はそんなことにありません。ひたすらに「稼ぐこと」「儲けること」にあります。

ここをちゃんと見ないから潰れるのです。

そんなふわっとした回答しか出てこないならニュースの表面ばっかりなぞってこの世の真理を知った気になってないで黙って就職しなさいという話です。

ビジネスを始めて稼ぎたいと言うなら、

・ターゲット(=見込み客の年齢、性別、職業など)
・ターゲットが抱えている悩み(容姿、健康、対人関係、恋愛、スポーツ、お金、など)
・それを解決できるコンテンツ(商品、サービス)
・なぜそのコンテンツでターゲットは悩みを解決できるのか?
・そのコンテンツで実際に悩みを解決した人はいるか?
・そのコンテンツが有効であるというデータはあるか?
・そのコンテンツを今買う理由は何か?

これくらいはざっくりとでもイメージできないと厳しいです。

ビジネスは何かふわっとしたかっこいいビジョンで始めるものはありません。

起業、ビジネスというものは見込み客がいて稼げる市場に自分のコンテンツをぶつけてお金をこちらに引いてくる作業です。

上記のルールさえ守れば、学校の偏差値なんて無関係で稼げます。

事実、私は稼いでいます。1000人に1人しかビジネスで稼げないというのは、よくわからないですね。

確かにジェフ・ベソス(Amazon)やマーク・ザッカーバーグ(Facebook)レベルの起業をしたいなら学校のレベルも関わってくるかもしれませんが、手取り年収が3000万くらいなら上記の項目をおさえるだけでなんとかなります。

あと、

■佐藤優氏
大学卒業後、一定期間でも企業に就職し、組織の論理を体得することは重要です。組織は人の能力を引き上げる力がありますから。

これねー。よく言われているし聞かれるんですよね。

「起業のための修行として会社に勤めるべきか?」と。

結論からいうと、会社員になって学べることは会社員(雇われる人)の中のルールです。

社会経験を会社経験とごっちゃにしている人が多すぎますね。きっと社会経験が無いのでしょう。

会社員で起業家(=経営者、社長)の考えがわかるようになりません。

せいぜい上司や後輩との付き合い方、取引先との付き合い方、その他事務仕事のルールくらいでしょう。

自分で稼ぐ起業家と毎月自動で給料が入ってくる会社員では住んでいる宇宙が違います。

「起業のためにまずは会社員として勉強を!」って人は大抵、そのまま会社員生活に慣れてしまって、「自分もいつか起業したいなぁ」と語りながらズルズルと年月を消耗していく人が大半ですね。

それだったらできる範囲で自分でビジネスを始めて稼ぎ出した方がまだマシです。

この質問者(大学生くん)の野望はわかりませんが、例えば年収3000万程度の超個人的な成功を狙った起業に組織の論理も壮大な起業知識も要りません。

見込み客と商品を決めて売れば完了なんで。

そんなお話でした。

追伸

こういったふわっとした考えの大学生が怪しげな投資系ビジネスやMLMに引っ張られてしまうんだろうな。

■著者プロフィール



投稿者プロフィール

平野
平野社会を静観する人
近況:Netflix とゲームの日々, その他趣味の日々。

■経歴:
バイト, 会社員, フリーランス, 経営者の働き方をを国内外で経験。結果, 人の下に付こうが人の上に立とうが, 「群れるよりも単独で稼ぐ方が性分に合っている」と気づく。現在は集客から販売までを完全に自身から切り離し, 作業ではなく仕組みで収入を自動化する方法を発信中。

■これまでの道のり

・意識高い系の本を読み過ぎた副作用で独立した生き方に興味を持つ

・同時期に運悪くネットビジネスの存在を知る

・月収100万円以上を稼ぐ人が多いことに強く興味を惹かれる

・それから間もなくネットビジネスを開始

・実践当初は皆が実践している手法に取り組むも、全く稼げずに終わる

・参入3か月目にして月収0円、その後も暫く月収0円という「ある意味」驚異的な実績を達成する

・あまりの稼げなさに「もう辞めよう」と諦めかける

・そんな中, 偶然今の手法に出会い... 

・ビジネスをすべて自動化。勝手に売れてお金が入るように

・現在はストレス無き人生を送りつつ, 自由を目指す人のサポート

■活動理念

このサイトは、例えばあなたが「自由な人生を実現したい」「ネットビジネスに興味がある」「既に始めたけど, 結果が出ない」などの場合に, 最適な「答え」を提供します。

そして他のどの情報発信者よりも, 一番近くであなたをサポートするとお約束します。

関連記事

  1. アフィリエイトなどのネットビジネスで稼ぐことは時代遅れ?
  2. アフィリエイトを成功させたければマスメディアに学べ。
  3. お金が無いから行動できない
  4. 借金をしてはいけない?絶対にダメ?
  5. アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:稼ぐためにお金を払うのは当たり前…
  6. “USB1本”を49万円で買った大学生の…
  7. これから先の時代を生き残るために、自分に教育を施そう。
  8. 年収1200万円の部長が、年収260万円の電話番に…定年後の「再…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP