社会・経済

阪急の広告「月30万円だけど仕事楽しい」が炎上した背景

炎上元となった広告の原文がこちら

毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。研究機関 研究者/80代」
「私たちの目的は、お金を集めることじゃない。地球上で、いちばんたくさんのありがとうを集めることだ。外食チェーン 経営者/40代」

「お金じゃなくてありがとうを集めること」だなんてブラック企業の元祖ワタミの社長が言いそうな・・・

ってこれまさにあいつか笑!外食チェーンって言ってるし。

今回の炎上の大きな原因になったのは前半の「月30万だけど〜」の部分。

目立った反論意見としては

「月にこの半分も稼げてない人間が多数だというのに」「30万貰えりゃそれだけで人生楽しいでしょ」

というもの。

ようは
「月収50万のやりがいのない人生と月収30万円のやりがいのある人生、あなたはどちらがいいですか?」
ということを広告で述べているんだけど、そもそもそれが収入の2大勢力ように語られていることに一般の人たちは怒っている訳だ。

「そもそも30万以下でやりがいのない人生を送ってるよ」と。

「月30万円なら満足ですが」
「30万もらえば十分やろがい 50万とか夢の夢だわ」
「30万貰えりゃそれだけで人生楽しいでしょ。50万なら尚更よ。生き甲斐なしなわけがない」

30万円ももらえれば満足、そんな声もあったようだ。

老後資金に2000万必要と言ってみれば、そんな金貯蓄できねー無理ゲーという声が大半。

ますますいびつになっていく、弱者と強者、貧者と富者の格差。

この差は縮まるんじゃなくて実力社会になった日本では、ビッグバンのように広がっていく一方なのかもしれない。

ただ、この「30万円あれば御の字」 という意見。

ネットビジネスである程度まとまった収益を実現している人間からすると、「え、少なくね・・・?」とも感じてしまうのがリアルなところ。

別に煽っているわけでもなくて、自分のビジネスをきちんと作り上げれば利益で30万円なんて力まなくても生まれるからだ。

もしあなたにこの経験があるなら、頷いてくれるはず。

というか私の記事を見ている人ってネットビジネスの人がほとんどだから「うん。そうだよねー」となってくれないとちょっと悲しい。

でも世間的には月30万円あれば十分!というのがトレンドみたい。

ほんとに必要最低限って感じだね。

自己投資をして自分の可能性を広げることもないまま人生を消化していくだけの金額を得て、満足してしまうらしい。

自分の変化を楽しめないまま、生きるためだけのライスワークで人生が終わっていく。

大丈夫か日本。

■追伸

広告内の発言元はある程度上がりを決め込んだと思われる人たちだった。

80代の研究者(まぁそのうち死ぬでしょう)

40代の経営者(まぁ起業家なら会社という仕組みでお金は入ってくるよね)

地上で這いつくばる人間の声は彼らに届かない。

だから私のような人間が、地獄から抜け出す道を示す必要がある。

今そうしているように。

■筆者プロフィール

個人経営を仕組み化するための無料講座を受けるには今すぐこちらをクリック

 

投稿者プロフィール

平野
平野移動式引きこもり
暇を持て余す。 嫌いなこと:「努力、頑張り、忍耐」。

こんな世界でジタバタ無駄に動くのが嫌いなので、
無理せずゆっくり生きてます。

近況:Netflix とゲームの日々


■経歴:
偏差値45私大卒。卒業後は2年間就職せず資格試験に挑戦。その後挫折。やっと掴んだ就職先を1カ月で逃げるように辞めた、控えめに言って超絶の社会不適合者。今も一般的な仕事には就かず、月100万円ほどの収入を自動化して読書と映画とPS4に生きる。


■これまでの道のり

・意識高い系の本を読み過ぎた副作用で独立した生き方に興味を持つ

・同時期に運悪くネットビジネスの存在を知る

・月収100万円以上を稼ぐ人が多いことに強く興味を惹かれる

・それから間もなくネットビジネスを開始

・実践当初は皆が実践している手法に取り組むも、全く稼げずに終わる

・参入3か月目にして月収0円、その後も暫く月収0円という
「ある意味」驚異的な実績を達成する

・あまりの稼げなさに「もう辞めよう・・・」と諦めかける

・そんな中、偶然今の手法に出会い・・・ 

・ビジネスをすべて自動化。今は勝手に売れてお金が入るように

・現在はストレス無き人生を送りつつ自由を目指す人のサポート


■活動理念

このサイトは、例えばあなたが

・自由な人生を実現したい
・ネットビジネスに興味がある
・実践しているもののなかなか結果が出ない

という場合に、あなたがネットビジネスで覚醒し、
自由な人生を手にするための最適な「答え」を提供します。

そして他のどの情報発信者よりも、
一番近くであなたをサポートします。

関連記事

  1. クラウドソーシングで生活する「若者の実情」シェアハウスに住み、食…
  2. 低俗な情報発信。他人の恨みを買う情報発信に未来はない。
  3. 若者を使い捨てる大人たち~なぜ日本には若者の「味方」がいないのか…
  4. 過労死、非正規雇用、格差、正規雇用の対偶引き下げ、定年後の再雇用…
  5. ダブルワークの経験59%・新社会人の55.5%がネット副業の経験…
  6. 定年後に働く60代の思い・・・給料が激減しても雇用延長にしがみつ…
  7. 子どもの数、過去最少更新 38年連続減少を記録
  8. withコロナで在宅ワークは定着するのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP