シンガポール後半戦~帰国

シンガポールから帰国しました。

やっぱり日本が良いですね。

人は生まれた国で暮らすのが一番いいのだと、25日外の国で暮らして思いました。

それにシンガポールは、良い国ですがやはり暑いです。永遠に暑いです。

四季の中で暮らしてきた人間からすると、そりゃ四季ごとの不平不満はありつつも、変わり映えしないというのはつまらないですね。

さて、シンガポール後半戦、私はホテルから地上に降りました。

Airbnb という民泊に切り替えてより地元を感じる環境に変えたのです。

そこで暮らす中で起きたことがこれ。

これは焦りましたね(笑)

自分が壊したと思われるのも嫌だったので、「建付けが悪くて落ちてきたら危険だと思ったから外しておいたよー」とだけ言っておきました。

ちなみにこの扉は私が帰国する4日前くらいには直ったのですが、それまではほぼほぼシャワールームが水浸しでおもしろかったですよ。

暑い国だからこそ、ふとした景色に南国が反映されます。

写真からは南国が伝わると思いますが、ちょっと歩くだけで汗が出ます。

あと最近ようやく理解したのですが、シンガポールは暑すぎるからこそ、地下道(アンダーパス)をこれでもかと整備したらしいです。

アンダーパスでどこにでも行ける。でも私の Airbnb までは届いていない。だから結局逃げられない・・・

シンガポール後半戦で非常にお世話になったこのお店。

商標登録の時に「ドンキホーテ」で取れなかったから「ドンドンドンキ」になったみたい。

それにしてもいっつも混んでたなー。深夜は特に。

ほぼ銀座。それがオーチャードの感想。

これは本当に意外だった。全然読んでいなかった本を2冊(あと1冊は伊坂幸太郎の「AX」)を持って行ったんだけど、「Ank」ではシンガポール絡みの話が度々登場した。「Ank」も「AX」もおもしろい本だった。てかよくよく見ると、どちらも「A」から始まるね。

まさか外国で誕生日を迎えるとは。これも何かの縁か。

この日は知り合いの起業家の方に誕生日を祝ってもらいました。

奇しくも宿泊先に近いお店だったので、泥酔していても無事に帰れて良かったです。

ちなみにこの起業家はシンガポールでスタートアップを行っていて、人数が増えてきたので新しいオフィスを作っているそうです。

その額なんと5000万。

イメージ図を見せてもらいましたが、六本木のIT企業でも中々ないかなり広いなオフィスでした。

これくらい立派に作ることで、投資家へのアピールや人材確保に有利に働くそうです。

組織立てて動くことをしない私からすると新鮮な話でしたが、「未来のために今お金を使う」という意味で、この観点はビジネスをする人間の共通の価値観とわかりました。

シンガポール最終日に行ったお店。ぬるい風を浴びながら飲むお酒とピザ。

数時間後にフライトだというのに飲み過ぎました。

いざ日本へ。最後までプチアクシデントがありましたが帰ってこれました。

半袖半ズボンという夏の記憶のまま帰ってきて、空港を出た瞬間「梅雨寒」で死にそうになりました。

やっぱり四季があるのは良いですね(-_-;)

投稿者プロフィール

平野
平野移動式引きこもり
暇を持て余す。 嫌いなこと:「努力、頑張り、忍耐」。

こんな世界でジタバタ無駄に動くのが嫌いなので、
無理せずゆっくり生きてます。

近況:Netflix とゲームの日々


■経歴:
偏差値45私大卒。卒業後は2年間就職せず資格試験に挑戦。その後挫折。やっと掴んだ就職先を1カ月で逃げるように辞めた、控えめに言って超絶の社会不適合者。今も一般的な仕事には就かず、月100万円ほどの収入を自動化して読書と映画とPS4に生きる。


■これまでの道のり

・意識高い系の本を読み過ぎた副作用で独立した生き方に興味を持つ

・同時期に運悪くネットビジネスの存在を知る

・月収100万円以上を稼ぐ人が多いことに強く興味を惹かれる

・それから間もなくネットビジネスを開始

・実践当初は皆が実践している手法に取り組むも、全く稼げずに終わる

・参入3か月目にして月収0円、その後も暫く月収0円という
「ある意味」驚異的な実績を達成する

・あまりの稼げなさに「もう辞めよう・・・」と諦めかける

・そんな中、偶然今の手法に出会い・・・ 

・ビジネスをすべて自動化。今は勝手に売れてお金が入るように

・現在はストレス無き人生を送りつつ自由を目指す人のサポート


■活動理念

このサイトは、例えばあなたが

・自由な人生を実現したい
・ネットビジネスに興味がある
・実践しているもののなかなか結果が出ない

という場合に、あなたがネットビジネスで覚醒し、
自由な人生を手にするための最適な「答え」を提供します。

そして他のどの情報発信者よりも、
一番近くであなたをサポートします。

関連記事

  1. 30代以下が頼りにしなくなったテレビの危機 メディア世代間ギャッ…
  2. 「ネットビジネスもう稼げない説」が通用しない理由。
  3. 「年金カット法案」という決め付けに、若者は怒れ!
  4. 本気とはつまり、お金のことだ
  5. 「手取り収入の継続した減少」が日本の苦しさの要因
  6. 「忙しい」とは心を亡くすと書く。
  7. AIに奪われない仕事に共通する特徴 あなたの仕事、数十年後を見通…
  8. 「同一じゃない労働・同一賃金」の不思議な国・ニッポン(プレジデン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP