初心者向け

ネットビジネスで注意が必要なタブー表現とは?

ネットビジネスで気をつけること

なたがビジネスでどんな商品を扱うにしろ、そのPRで使う表現には注意しましょう。

今回はそんな話をします。

「絶対○○できます」はアウト

イエット系なら「絶対に痩せます!」

ビジネス系なら「絶対に稼げます!」

勉強系なら「絶対合格します!」「○○点取れます!」

上記の表現が一発で詐欺かと言われればグレーゾーンですが、それでも誇大表現と指を刺されて文句は言えないでしょう。

この世界に絶対のもの、100%のものはありません。

圧倒的な合格率を誇る予備校に通っても浪人を繰り返す人がいるように。

購入者の実績や体験談、何らかの研究結果を紹介するのは問題ありませんが、商品のキャッチコピーや効果保証的な意味合いで「絶対○○できます」とするのは辞めましょう。

たとえば、通販番組でも「個人の感想です」「効果には個人差があります」などのテロップがよくあるように、どんなに期待通りの効果が見込めるものでも「ただし書き」は必須なのです。

それなのに、「100%確実に稼げる」みたいなことを言っているキャンペーンがあったら、それこそ100%詐欺です。

「稼ぐ系」はどうするの?

て、ここで問題になってくるのは、いわゆる稼ぐ系の商品(情報商材・スクール)をアフィリエイトしたり、独自にコンテンツ販売する場合です。

稼ぐ系なのですから、当然稼げる金額をプッシュするべきとも思いますが、これはNGなのです。

理由は先の通りです。

たとえその手法で1億円稼ぐ人が沢山いようが、その商品を購入した人全員がそれを実現できるとは限らないからです。

この辺の話は大学受験に置き換えると分かりやすいと思います。

東京大学合格者が使った参考書を使ったからといって、同じ結果が得られるとは限らないのと一緒です。

となると、「ではどうやって商品を売りだせばいいの!?」となりそうですね。

できることとしては、「購入者の実績」や「感想」などを使って「社会的証明」を打ち出すことです。

たしかに、「個人の感想」の範疇を出ないのですが、購入を迷っている人が参加者の感想に共感して商品を手に取ってもらえる可能性は高いです。

稼げる金額ではなく「学習効果」を示す

ジネスで成功するためには、1にも2にも3にも4にも勉強です。

最近は最初から楽してすぐに大きな結果を得ようとする人が多いですが、長続きするわけがありません。

仮にそれで満足を得られても、「強い人間」に必要な集中力や継続力、忍耐力がゼロの弱い人間まっしぐらです。

呆れるほどの原理原則の追及が、結果として成果を生み出します。

その過程をすっとばして稼げる金額にフォーカスしても絶対に稼げるようになりません。

それでも稼げると思っている人はビジネスを勘違いしているか、「楽して稼げる」系の怪しい販売者に毒され過ぎたかのどちからです。

・起業で成功するための事業計画の仕方

・21世紀で成功する分野の見分け方

・商品が売れやすいサイトの作り方

・集客できるSNS媒体の作り方

・高い成約率を出すメルマガの書き方

その教材、そのスクールで学ぶことでどんな学習効果が得られるかを淡々と説明し、それに納得してくれた人に買ってもらうことが理想です。

こうすることで学び意識の高いお客さんを迎えることができ、最初から稼ぐ金額にしか意識の向いていない勘違い野郎を排除できるので一石二鳥です。

収益は勉強の先にある。これは間違いない

ジネスで長く結果を出したいなら勉強しましょう。

「稼ぎたい。でも勉強したくない」という人はもうダメですね。

広告の作り方、集客の仕方、セールスの仕方、顧客フォローの仕方、リピーターの得方など、そういった原則的なことをひたすら学び、そして実践する中で力(スキル)が付きます。

どうですか?地味ですよね。

何か裏ワザを使って、一瞬で稼げる世界ではないことがお分かりいただけたかと思います。

■追伸:ビジネスを自動化するための無料講座

「ネット集客と販売を自動化するなら, 最低限これだけは知っておきたい」という内容を1冊の教科書としてまとめました。

また, 最近のAIの台頭を受けて, これをどう捉え, どう使うかといった内容も加筆しています。

クリックして無料で自動化の教科書を受け取る→

投稿者プロフィール

そうた
そうた社会を静観する人
近況:Netflix, ゲーム, 旅, 趣味の日々。

■趣味
読書, 映画鑑賞, 音楽, 旅行

■ビジネス歴
・2011年9月頃にオンラインビジネスに参入
└ブログ, SNS運用, YouTubeなどの各ジャンルを経験

・オンラインビジネスチームへの参画
└各プロモーションのディレクター兼コピーライター,
 他社へのコンサルティングなどを経験
└他社とのジョイントベンチャー(共同事業)
└海外スタートアップへの参加(コミュニティマネジメント, コピーライター)

■現在
・オンラインスクールの運営
・個人, 法人向けのマーケティング, 商品開発等のサポート

■考え方
バイト, 会社員, フリーランス, 経営者...などの働き方を経験した結果,
「群れるより1人で稼ぐ方がストレスが無い」と気づく。
現在は集客, 販売, サービス提供を仕組み化(自動化)。

■活動目的
「自由な人生を実現したい」
「ネットビジネスに興味がある」
「始めたけど結果が出ない」
という人へ最適解を提供。

関連記事

  1. 副業を自動で稼ぐテクニックとは?
  2. 独自ドメインサイトを運営するなら「Xサーバー」一択。
  3. ノウハウコレクターが生まれるワケ
  4. 売る商品がない!そんな時のシンプルな考え方とは?
  5. 1億円プレーヤーも最初は素人だった

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP