アフィリエイトで稼ぐコツ・方法

アフィリエイトで稼ぐコツまとめ:アフィリエイトで集客する時のコツとは?

サイトアフィリエイトにしろYouTubeやSNSで行うアフィリエイトにしろ、ある程度実践を進めた人がぶつかる壁、それが集客です。

「記事を書いても動画を投稿してもSNSで発信してもお客さんが来ない・・・」こういったことに悩むんですよね。

そして集客が上手くいかずに辞めてしまうのです。

セールスやビジネスの知識はあくまで自分の中で完結するのでサクサク進められるのですが、集客は他人(見込み客)と関わる場面になるので簡単にはいかないんですよね。

他人の思考や行動パターンを想定していろいろ策を練る必要が出てくるからです。めんどくさいですね~(笑)

なので今回は、「集客する時にどんなことに気を付ければいいのか?」ということをお伝えします。

【アフィリエイト集客には分かりやすい原則あり】

フィリエイトで稼ぐために集客したいけど中々うまく行かない・・・

こういった悩みを抱える実践者は多いです。

ブログも作った。Twitterも開設した。YouTubeも始めた。それぞれ定期的に更新している。なのに誰も来ない・・・そんなふうに悩むわけです。

これの行きつく先は「なんだ、やっぱりネットビジネスは稼げないんじゃないか!」と言って挫折する未来です。

いかにして見込み客を集めるか(集客)はビジネスの永遠のテーマですから、ある意味で健全な正しい悩みです。

さて、アフィリエイトの集客ですがあることをおさえれば結構カンタンにできます。

集客に使う媒体(ブログ、SNS、無料レポート)にもよりますが、どれを選んでもせいぜい1~2か月くらいで結果が出てきます。

(あ、ちなみに有料広告を使えば一瞬です笑)

とりあえず今回は「資産化できる(=ほったらかしにできる)」という観点から、ブログ集客を念頭において話していきますね(`・ω・´)

ブログであればとりあえず長期的に運営でき、そこそこできてくれば安定してリストも取れるようになるので取り組んでおいて損はありません。

ただし、検索アルゴリズム変化による順位下降などのリスクもあるので、早めのリストマーケティング実践(=メルマガ読者の獲得)も忘れずにお願いします。

【アフィリエイトで稼ぐために書くべきブログはただ1つ】

れは「お悩み解決系ブログ」です。

見込み客が抱えているであろう悩みを解決するブログを書けば、それでブログ集客はゴールなんですよ。

どんな悩みを抱えているかはアフィリエイト商品によってまちまちですが、例えばダイエットに関する悩みなら

・ダイエットサプリの選び方はどうすればいいか
・○○ダイエットは本当に効果があるのか?
・1週間以内にダイエットを成功させるには?

などです。

これに関する記事をたくさん書いていくことで、検索エンジンから「このサイトはダイエットに関するコンテンツが充実しているサイト」という評価を受け、検索結果に表示されるようになります。

ライバルが多いな中でそんなにうまく行くのかと思うかもしれませんが、何かしらの記事が上位表示されることは多々あるのでご安心ください。

もちろん、検索されるキーワードを意識したタイトル・内容・悩み解決系であることは必須ですが。

【情報は引き寄せられるもの(見込み客の視点に立つ)】

報とは引き寄せられるものです。

先の例で見たような見込み客が求めるであろう情報(求める悩み解決の方法)を引き寄せられるよう、あなたが先回りして素材を見つけやすいように用意しておく必要があります。

そのためにキーワードを意識してブログ全体を創り上げていくわけですね。

サイトタイトル、記事タイトル、記事内にキーワードを見込み客が反応する散りばめて、検索エンジンにアピールしましょう。

「このサイトには見込み客の悩みを解決するコンテンツで溢れています」と。

特に記事タイトルがブログ運営では重要です。

必ずそれが何の記事(何について書かれた記事)なのかパッと見で分かるようにしましょう。

例えばこの記事のタイトルは、「アフィリエイトで集客する時のコツとは?」というものです。

これなら一目見ただけでこの記事がアフィリエイトで集客するためのコツについて書かれたものだと分かります。

ということはアフィリエイトの集客で悩んでいる人やアフィリエイト集客のコツを知りたい人に刺さりやすいということです。

でももしこれを、「情報は引き寄せられる」といったものにしてしまうと何について書かれたものかよく分からないという事態になります。

結果として見込み客に足を止めてもらうチャンスをみすみす逃すわけですね。

【情報が引き寄せるもの】

信する情報で引き寄せる見込み客が決まります。

自分の望む見込み客に来てもらうにはどうすればいいのでしょうか?

まずはメジャーなキーワードをおさえておく必要があります。

例えばアフィリエイトで稼ぐ系の情報発信をするなら、

・アフィリエイト 稼ぎ方
・アフィリエイト 稼ぐ 初心者
・アフィリエイト ブログ 無料
・アフィリエイト 集客 無料
・アフィリエイト 始め方 ブログ

こういったテーマで記事を書くことがマストですね。

当面はこれ以外(この場合はアフィリエイト関連以外)の記事は書かずとにかく見込み客に「このブログはアフィリエイト専門のブログ」と思ってもらえるようブランディングをしていきましょう。

もちろん、これはダイエットだろうがスポーツ関連だろうが同じです。

関係ない情報を一切排除して見込み客の悩みを解決するコンテンツに集中しましょう。

【ブログの文字数はどうする?】

ログの文字数はどうすべきかという話ですが、実は多ければ良いとか少ないからダメというわけでもありません。

100字も書いていない記事が検索順位2位の時もあれば2000字以上書いても検索圏外なんてザラですから(笑)

もっというとSEO世界を支配する最高神グーグルは「文字数をSEOに反映するアルゴリズム」を持っていないのでそもそも関係ないという話です。

参考までにグーグルの中の人の話を紹介します。

グーグルの中の人:
we don’t have an algorithm that counts the words on your page and says Oh everything until 100 words is bad everything between 100 and 500 is fine and over 500
we don’t look at it like that we try to look at the pages overall and make sure that
this is really a compelling and relevant search results to users and if that’s the case then that’s perfectly fine if that’s long or short or lots of images or not that’s essentially up to you

要するに・・・
「ユーザーに役立つ記事なら文字の多い少ないにかかわらず評価する」
ということ。

ただここでも考えるべきは見込み客の悩みを解決するコンテンツです。

そのためには今回お伝えしたことに加え、ユーザー(読者)に役立つ情報を網羅しておくこと(網羅性)や専門性を持つサイトにしていくことが重要視されていますね。

これを優先して考えれば、やはりある程度のボリュームが無いと伝えられないことの方が増えてきます。

なので、「これでこの悩みの解決はできた!」とあなたが納得できるまで書くというのが1つの指針になります。

もちろん自分本位だけではよろしくないので、見込み客の目線に立って本当に悩みが解決されるかということもチェックしてください。

これらのことを意識すれば、きちんと見込み客が集まるブログができあがっていきます。

そんなお話でした。

■筆者プロフィール




関連記事

  1. アフィリエイトで稼ぐ方法は手法の選択ミスをしないこと。
  2. アフィリエイトで稼ぐコツは、ライフワークを飛び越えて○○にするこ…
  3. 年収200万円未満は生活どころか死ぬリスクがヤバい?
  4. 集客講座:TwitterやFacebookの前に、まずは原則をお…
  5. アフィリエイト市場規模拡大中。2020年には3,500億円規模に…
  6. 「アフィリエイトはねずみ講」説⇒もはや意味不明・・・
  7. アフィリエイトはコピペで稼げる?
  8. ツイッターはネットビジネスで稼げる?凋落で大量リストラ…使い勝手…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP